キリン、プラズマ乳酸菌の研究 ウイルス抗体を増やす効果確認

総合 ニュース 2017.12.06 11629号 02面

 キリンは4日、プラズマ乳酸菌に関し「同乳酸菌の摂取が、外界からの細菌やウイルスの侵入を防ぐ抗体を増やす効果がある」(藤原大介・事業創造部主査)など、最新の研究成果を東京都内で発表した。  同研究は、20歳から60歳の男女111人が対象。このうちプラズマ乳酸菌(約1000億個)を含むカプセルを摂取した人たちは、のどに痛みを感じる日数が減少したという。  また、インフルエンザワクチン接種の被験者を対象とする研究では、同乳酸菌を摂取すると抗ウイルス因子の発現量が高い状態で維持され

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら