流通システム開発センター、JICFS/IFDBの提供制度を刷新

総合 ニュース 2018.06.01 11709号 05面

 流通システム開発センターは4月、JANコード統合商品情報データベース(JICFS/IFDB)の提供制度を刷新した。JANコードに付随する商品情報を一元的に管理するデータベースで、700万品強の商品データを登録、小売・卸・メーカーなど5825社がエンドユーザーとして利用している。  従来はセンターからじかにデータを受けるディストリビューターとディストリビューター経由でデータ取得していた再販業者に分かれ、それぞれユーザーに合わせデータ加工し情報を提供していた。  新制度ではディ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら