欧州産ワイン、即時関税撤廃に70%超が期待感

酒類 ニュース 2018.12.21 11811号 04面

 欧州産ワインへの期待が高まっている。19年2月1日に発効予定の日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)で、ワインの関税が即時撤廃される。サッポロビールの調べによると、70%以上の人が欧州産の即時関税撤廃に期待感を持っていることが明らかになった。伸び悩む国内ワイン市場の活性化につながりそうだ。  同社は日欧EPA発効に関する意識調査を実施。自社Webサイトで20歳以上の男女約1万3000人を対象に、9月10~17日までの間、アンケート調査を行った。  関税撤廃について

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら