国際:イージーシェフ、100%豪州産の高齢者ケア食 日本市場展開に自信

農産加工 ニュース 2017.04.10 11509号 10面
ロジャー・ラザロ販売流通マネージャー

ロジャー・ラザロ販売流通マネージャー

 世界2位の長寿国オーストラリアで、高齢者ケア食の野菜ピューレを製造するイージーシェフは、超高齢化が進む日本市場での商品展開に自信を見せている。100%オーストラリア産原料の野菜を使ったピューレは、HACCP対応の加工施設で製造され、ハラール、SQF(食品の品質と安全を保証する国際規格)認証を取得済みで、オーストラリア国内でトップクラスのシェアを誇る。新鮮な野菜とほぼ同様の栄養価を維持し、さまざまな料理に活用できる同品を武器に、日本でのユーザー獲得を目指している。  ロジャー

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら