ラグビーW杯を商機に 4300億円の経済効果期待

総合 ニュース 2019.04.17 11864号 01面
ラグビーW杯をサポートする「ハイネケン」は、各種施策の展開で大会を盛り上げる

ラグビーW杯をサポートする「ハイネケン」は、各種施策の展開で大会を盛り上げる

 新元号「令和」の発表以降、食品業界では祝賀ムードをとらえた改元商戦が熱を帯びているが、19年の食品市場の先行きは極めて不透明感が強い。最大の懸念事項は、10月に迫った消費増税の実施による需要の冷え込みだ。そうした中、下半期の消費の起爆剤となるか注目されるのが、9月に国内開催されるラグビーW杯。大会の経済効果は約4300億円ともされ、食品マーケットにも特需の期待がかかる。(篠田博一)  「ラグビーワールドカップ2019日本大会」は9月20日~11月2日まで国内12都市のスタジ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら