脱酸素剤など品質保持剤、需要増でも喜べない 価格競争激化で業界疲弊

 女性や単身者、高齢者向けの個包装商品の増加に伴い、「脱酸素剤」「アルコール蒸散剤」など品質保持剤の需要が増えている。16年の総出荷量は前年実績を上回ったと推測され、その利便性から今後も供給量は増加する見込みだが、過熱する価格競争で業界は疲弊している。ユーザーである食品メーカーからの値下げ圧力も強く、適正利益の確保が困難な状況だ。(涌井実)  脱酸素剤は密封された包装内の酸素を除去し、食品の鮮度を維持する製品。アルコール蒸散剤はアルコールガスの蒸散によって、カビなどの発生を防

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら