イオングループ、オーガニック農産物拡大へ 売上構成比5%目指す

小売 ニュース 2019.03.13 11848号 01面
森常之常務

森常之常務

 イオングループは、全体でオーガニック農産物が拡大し、20年には売上げ100億円、オーガニック農産物売上構成比5%を計画し、それに向けて全量買い取りによる千葉県との取り組みを行う準備団体を5月に立ち上げる予定だ。イオントップバリュの森常之常務取締役トップバリュMD戦略本部長が、5日開かれた千葉県有機農業者研修会でイオングループのオーガニックの取組みについて講演し、こうした今後の戦略を明らかにした。(八木沢康之)  森常務は、成長する世界および日本のヘルス&ウエルネス市場につい

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら