ロッテ、新入社員研修でガム取り清掃活動 ポイ捨て防止啓発

先輩社員が見本を示す

先輩社員が見本を示す

 ロッテは4日、新入社員研修の一環として「15年度ガム取り清掃活動」を東京・銀座で実施した。ガムのポイ捨て防止の啓発を目的として、同社の新入社員を対象に02年から毎年実施している。  当日は雨にもかかわらず、新入社員51人とボランティア参加の一般社員総勢約100人が参加した。午前9時前から、ガムを溶かすオレンジオイルとブラシ、ヘラを手に数人ごとのチームに分かれて、銀座4丁目交差点付近を中心に歩道にこびり付いたガムを一つ一つ丁寧に取り除いた。

書籍紹介