山崎製パン、SNS活用販促を展開 人気ユーチューバー起用

ヒカキンが1位に選んだ「カレーパン」

ヒカキンが1位に選んだ「カレーパン」

 山崎製パンは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用したプロモーションの展開を開始した。

 人気ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン)を起用し、同社の人気菓子パン15品の中から上位5品を選ぶ動画「ヒカキンの好きな菓子パンランキングベスト5」の放映をユーチューブチャンネルのHikakinTVで7日から開始した。ベスト5に選ばれた商品は放映後出荷が急増し、1位の「カレーパン」は、11日現在で、前月比約50%増の出荷と伸長した。

 今回の企画は、ヒカキンがヤマザキの人気菓子パン・惣菜パン15品を実際に食べて、トップ5をランキングするもの。ヒカキンは、食レポにも才能を発揮。1位の「カレーパン」について、「温めた時のうまさが最強」、2位の「コッペパン ジャム&マーガリン」は、「マーガリンの香りが最高」、3位の「ホワイトデニッシュショコラ」は、「生涯で一番食べた、板チョコが入った唯一無二のパン」、4位の「まるごとソーセージ」は、「電子レンジでチンして食べたらマジでうまい」、5位の「アップルパイ」は、「リンゴの果肉のシャキシャキ感と生地のバランスが良い」とそれぞれ評価した。さらに「カレーパン」や「まるごとソーセージ」は、実際に温めて試食し、「北海道チーズ蒸しケーキ」は冷蔵、冷凍で冷やして食べるなど同社製品の魅力を余すところなく伝えた。

 同社では動画の放映開始後、スーパーマーケットなどで販売する上位5品の商品パッケージに、「ヒカキン 超うま!」シールを、その他の10品「高級つぶあん」「ミニスナックゴールド」「イチゴスペシャル」「ケーキドーナツ」「スイートブール」「北海道チーズ蒸しケーキ」「チョコチップスナック」「ナイススティック」「薄皮つぶあんぱん」「ミルクチョコクリームコロネ」には、「ヒカキンが紹介しました」シールを添付している。(青柳英明)

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら