「噛んでのばす健康寿命」事務局、高齢者向け健康体操を開催 ロッテが協賛

高齢者を中心に、「健康ガムカムダンベル体操」に挑戦

高齢者を中心に、「健康ガムカムダンベル体操」に挑戦

 「噛んでのばす健康寿命」事務局は、「敬老の日」の16日、とげぬき地蔵で知られる東京・巣鴨の高岩寺境内で、かむ運動を取り入れた高齢者向け健康体操「健康ガムカムダンベル体操」をロッテの協賛で実施した。21年目に当たる今年は、雨にもかかわらず計120人の参加者が「健康ガムカムダンベル体操」を体験した。また、東京医科歯科大学の水口俊介教授が講師を務めた「ミニセミナー」を開催し、高齢期における歯や体を使うことの大切さを説明した。  水口教授は、オーラルフレイルの説明や高齢期における「

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら