カンロ、「のど飴」調査実施 乾燥対策で男女差浮き彫り

菓子 統計・分析 2019.11.27 11976号 04面

 ●男性は「のど飴を食べる」、女性は「マスクをつける」  カンロは、乾燥が気になる季節に合わせ、「のど飴(あめ)」についての調査を実施し19日に結果を公表した。調査で、乾燥対策の方法が、男性は「のど飴を食べる」が最多で74.6%で、女性は「マスクをつける」が最多で85.4%となり、男女差が浮き彫りになった。  また、のど飴の喫食頻度は、女性の38.4%が「毎日食べる」「週に数回は食べる」と回答したのに対し、男性は、26.8%にとどまり、女性の方がのど飴の喫食習慣が高いことが分

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら