カバヤ食品と奈良県立医大、柿渋使用タブレットで共同研究 新型コロナ不活化を実証

総合 ニュース 2021.02.24 12192号 04面
試験結果のグラフ

試験結果のグラフ

 カバヤ食品は16日、奈良県立医科大学免疫学講座の伊藤利洋教授と共同開発した、柿渋使用のタブレットを用いた研究で、新型コロナウイルスの不活化を日本で初めて実証したと発表した。
 同研究は、MBTコンソーシアムの協力も得て実施したもの。
 試験は、柿渋含有タブレットを5分舐(な)めた時点での唾液に新型コロナウイルス溶液を9対1の割合で混合し、 室温20~25度Cで5分静置。反応を停止させ、ウイルス感染価(PFU/mL)をプラーク法

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら