アヲハタ、CO2削減や生産量向上 新農業モデル構築へ

菓子 ニュース 2024.02.21 12720号 04面
アヲハタ果実研究所でイチゴを栽培

アヲハタ果実研究所でイチゴを栽培

 アヲハタは14日、広島県が進める県独自の研究・実証支援制度「HIROSHIMA CARBON CIRCULAR PROJECT(ひろしまカーボンサーキュラープロジェクト)」に採択された研究テーマ「イチゴ農業生産におけるCO2の回収と活用による生産量の向上」で、提案したアンヴァール社およびSyncMOF社と連携しプロジェクトに着手すると発表した。プロジェクト連携で、CO2を削減しつつ農産物の生産量を向上する環境にやさしい新たな農業モデルの構築を目指す。

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら