白鶴酒造と神戸ワイナリー、「梅ブランデー雫」を共同開発

酒類 ニュース 2020.09.28 12123号 06面

 【関西】白鶴酒造と、神戸みのりの公社が運営する神戸ワイナリーは、地産地消の促進や神戸の魅力発信を目的に、初めて共同で開発したリキュール「梅ブランデー雫(しずく)」(700ml、税別価格3300円)=写真=を28日、数量限定で新発売する。  同商品は、白鶴酒造の純米酒(兵庫県産山田錦100%使用)と梅酒(国産梅100%使用)、神戸ワイナリーのホワイトブランデーを原料としている。ホワイトブランデーは、同ワイナリーが造った神戸市産ワイン(神戸市内産ワイン用ブドウ100%使用)をブ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら