大戸屋、10月からの新メニューはテークアウトを充実

外食 ニュース 2019.09.23 11945号 02面
山本匡哉社長

山本匡哉社長

 大戸屋は18日、10月からの消費増税を見据えた新メニューを発表した。単身世帯、共働き世帯の増加などを背景に、弁当や惣菜のテークアウトメニューを充実させた。  同社は、店内調理にこだわりを持ち、「ちゃんとしたご飯を食べたい」という普遍のニーズに応える店作りを展開。主食のご飯、副菜の野菜、主菜の肉魚をしっかり食べることができ、おいしさと栄養バランスを取れる“もう一つの食卓としての価値向上”を目指している。  今回、客の声などを反映してイートインメニューを従来の28品目から32品

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら