新型コロナ禍での免疫力対策 ヨーグルトなど摂取増加 TPCマーケティングリサーチ調べ

総合 統計・分析 2020.07.27 12087号 04面

 TPCマーケティングリサーチの調べによると、新型コロナウイルス感染症をきっかけに食事による免疫力対策としてヨーグルト、納豆、乳酸菌飲料、緑茶などを摂取している人が多いことが分かった。  調査は、普段の生活の中で意識的に免疫力対策を行っている20~70代の男女624人を対象に行ったもの。それによると、新型コロナが自身の健康意識に何らかの影響を及ぼしたという人は全体の75.3%に上り、免疫力を高めるための対策を重視するようになった人が増えている。特に20~30代の若年層において

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら