大冷、21年3月期決算 2桁の減収減益 外食落ち込み響く

冷凍・チルド 決算 2021.05.31 12235号 02面
冨田史好社長

冨田史好社長

 大冷は27日、東京都内で21年3月期決算説明会を開催し、非連結ベースで売上高が前年比16.2%減の225億0700万円、営業利益が同19.5%減の9億5400万円、経常利益が同15.8%減の10億0800万円、純利益が同16%減の6億8400万円となったと発表した。同社は業務用冷凍食品のみを取り扱っていることから、コロナ禍で落ち込んだ外食産業などの影響を大きく受けたことが背景にある。
 昨年前半は学校給食が全面ストップしたことや、緊急事態宣言の発出に

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら