トーホー、21年1月期上半期は減収赤字 DTB事業がコロナ直撃

卸・商社 決算 2020.09.14 12113号 12面

 【関西】トーホーの21年1月期第2四半期連結決算は全28社で、売上高877億0300万円(21.6%減)、営業損益28億9000万円の減収赤字となった。新型コロナウイルス感染症拡大影響を大きく受けたディストリビューター事業(DTB)業績が響き、3期ぶりの減収、4期連続の減益となったが、課題だった食品スーパー事業は黒字転換した。期末業績予想は合理的算定困難として未定。  DTB事業(17社87事業所)では香港の業務用食品卸「Suitfit Company Limited」をグ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら