トーホー、21年1月期はDTB事業にコロナ影響直撃

卸・商社 決算 2021.03.26 12205号 03面

 【関西】トーホーの21年1月期連結業績は売上高1862億1700万円(前年比19.5%減)、営業損益31億4100万円、経常損益20億6300万円、当期純損益35億9100万円で着地した。丸1年にわたったコロナ環境が主軸のDTB(業務用食品卸)事業に厳しい運営状況をもたらし、グループ4事業部門28社でコスト・コントロールや業務改革を推進するも上場以来の営業損失は免れなかった。
 DTB事業は17社で売上高1162億7300万円(前年比25.9%減)、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら