11年度ユニバーサルデザインフード、生産量・金額とも増加 関心の高まりが背景

総合 ニュース 2012.08.06 10700号 01面
藤崎享事務局長

藤崎享事務局長

 介護食品の一ジャンルであるユニバーサルデザインフード(UDF)の11年度生産量は7908t(前年比15.0%増)、生産金額93億2800万円(同12.5%増)となった。商品は12年5月末現在802品が登録され、年々増加していると日本介護食品協議会はこのほど発表した。  量販店やドラッグストア、通信販売などの市販用製品では前年比41%増と高い伸びを示した。新たに三井食品が協議会に加入し、卸売業など流通関連企業のUDFへの関心の高まりが背景にある。一般消費者への協議会調査では認

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら