日本介護食品協議会、「UDF拡張規格ガイドライン」運用スタート アイスなども適用

UDF拡張規格の製品への表示例

UDF拡張規格の製品への表示例

 日本介護食品協議会は、1日から温度や水分を加えることでUDF(ユニバーサルデザインフード)4区分と同程度の食べやすさが確認できる食品に「UDF拡張規格ガイドライン」の運用を開始した。
 ガイドラインの趣旨は、対象とする製品について、現行のUDF試験方法に沿った物性測定値では従来の自主規格に適合しないものの、一般食品に比して食べる力が弱まった人にも食べやすい食品として開発されたものに対してUDFマーク表示の対象範囲を拡張することにある。これにより、利用

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら