新型コロナ:中国醸造、高濃度アルコールを広島県と廿日市市に無償提供

酒類 ニュース 2020.04.29 12045号 04面

【中国】中国醸造は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、手指消毒用エタノールが不足している状況による対策支援として、4月下旬から同社で製造した高濃度アルコール(アルコール分=77%)を、広島県および同社の本社がある広島県廿日市市の医療機関に向けて無償で提供を開始する。

同社は「このたびの新型コロナウイルス感染症により、全国で感染拡大予防や治療に尽力されている医療関係者さまや行政関係者さまをはじめとする多くの方々に、心から敬服および感謝申し上げる」とし、「当社では、高濃度アルコールの提供によって新型コロナウイルス感染症拡大の予防に微力ながら力添えしたいし、一日も早い収束を願い、できる限りの支援を行っていく」としている。なお同社では9日に消毒用エタノール不足に対応し、高濃度エタノール製品「High Alcohol Spirits 65%」の一般販売を開始している。今回、無償提供する高濃度アルコールの製品名は「High Alcohol Spirits 77%」、アルコール分は77%、月間提供料は1000L、4月下旬からの提供を予定。(浜岡謙治)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら