三輪素麺・小豆島素麺も値上げの意向 麦価下落で交渉難航

小麦加工 ニュース 2019.10.18 11957号 01面

 【関西】業界のプライスリーダーである兵庫県手延素麺協同組合が、揖保乃糸の単品商品すべてを5%値上げする意向を固めたことを受け、他産地の状況を取材すると、値上げ交渉を進めているが、小麦粉の価格が下がったことで難航している様子が浮き彫りとなった。「手延べそうめんだけにコストの多くは小麦粉ではなく、人件費・加工賃なのになかなか理解を得にくい」という嘆きも聞かれた。  奈良県三輪素麺工業協同組合の池側義嗣理事長は「販売協議会の一部企業は上げるところもあるがまちまち。組合としては、値

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら