トライアルHDとフクシマガリレイ、「リテールAIショーケース」開発

小売 ニュース 2019.12.02 11979号 03面
ショーケースの前で、永田洋幸Retail AI社長(右)と福島豪フクシマガリレイ専務

ショーケースの前で、永田洋幸Retail AI社長(右)と福島豪フクシマガリレイ専務

 【関西】トライアルホールディングス(HD)は、「流通情報革命」をスローガンとしてテクノロジーでの流通変革を目指し、共同で「リテールAIプラットフォームプロジェクト」を推進するフクシマガリレイ(12月3日に福島工業から社名変更)との連携により、「リテールAIショーケース」を開発。ガリレイグループ本社ビル(大阪市西淀川区)で11月22日、報道陣を集め「『同ショーケース』完成披露発表会」を行った。  同ショーケースの主な特徴は「欠品認識」「人流検知」「平面図マッピング」の3点。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら