かるしお事業推進室、ロシアの病院とかるしおレシピ調理 オンラインで実演

調味 ニュース 2020.11.09 12144号 03面
完成したメニューを手に関係者(前列中央・長尾信之氏、右から2人目・赤川英毅氏)

完成したメニューを手に関係者(前列中央・長尾信之氏、右から2人目・赤川英毅氏)

 【関西】日露首脳会談で提案された8項目の「協力プラン」の一環として、国立循環器病研究センターかるしお事業推進室(国循)は10月29日、Studio cafes(大阪市北区)で、ロシア連邦栄養・バイオテクノロジー研究センター附属病院(ロシア栄養研附属病院)とオンラインでつないでかるしおレシピの調理実演を行った。
 ロシアの食塩摂取量は1人10g以上と多いが、昨年から国として摂取目標量を5gにすると掲げられ、取組みが行われている。そうした背景もあり日本の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら