企業再生扱う弁護士に聞く コロナ起因の債務超過食品企業を未来に引き継ぐか

総合 インタビュー 2021.10.01 12303号 11面
溝渕雅男弁護士

溝渕雅男弁護士

 【関西】新型コロナは外食産業や業務用メーカー・酒販店などに大打撃を与えたが、コロナ関連融資が奏功し倒産件数は低く抑えられてきた。ワクチン接種拡大で光も見えるが、すでに融資返済が始まる企業も多く、過剰債務問題が影を落とす。未来に多様な食文化を残すため、食品企業は「事業再生と承継」をいかにすべきか、溝渕雅男弁護士(大阪市・共栄法律事務所)に聞いた。また同弁護士による無料セミナーが「ファベックス関西」で15日午前11時からインテックス大阪で開催される。(服部泰平)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら