日本水産、利益重視徹底へ 中国チキン事業拡大

金田進取締役

金田進取締役

 日本水産の食品事業を束ねる取締役専務執行役員食品事業執行の金田進氏は11月29日、記者団に対し通期業績見通しと事業方針などを語った。中国の河北省で始まったチキン事業の拡大や、浙江省の協力工場での今後の増産計画などを明らかにした。  単体の国内食品事業4~9月上期売上高は前年同期比で1%増694億円、部門利益は30%減で、販管費の増大や工場稼働の低下が主要因だ。チルド事業を含めた売上高は3%増1046億円だった。食品事業のみの通期計画は前期比2%増14

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら