スターゼン、物流子会社を合併

 食肉卸大手のスターゼンは8月30日、100%子会社のゼンチク物流とその100%子会社、サンエフ(川崎市川崎区東扇島、千野賢社長)の2社を合併すると発表した。重複する業務の統合によるコスト削減、物流業務全般の効率改善が目的。合併方法はサンエフを存続会社とする吸収合併方式とし、ゼンチク物流は解散する。またサンエフはスターゼンとの株式交換を経て、同社100%子会社とする。合併期日は10月1日。  (本宮康博)