テーブルマーク・20春 2本柱でらしさ追求 バラエティ米飯・汁なし麺に新味

亀山明記専務

亀山明記専務

 冷食・包装米飯大手のテーブルマークは20年春、家庭用調理冷食で新8品・リニューアル12品を、包装米飯で新1品・リニューアル1品を3月1日から発売する。今期から新組織となり、営業力の強化でブランド価値向上に挑む。(本宮康博)  亀山明記専務は発表の場で「当社は今期を“テーブルマークらしさ構築期”元年と位置付けている。期初1月に組織変更を行い、従来のマーケティング&セールス本部を『営業本部』と『戦略本部』に分割した。卸・流通業の再編など大きな変化を背景に、今までの営業スタイルか

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら