テーブルマーク、寿がきや食品に群馬工場を譲渡

 テーブルマークは6月30日、グループ生産会社の加ト吉水産が所有する即席麺の専用生産拠点、群馬工場(群馬県高崎市)を寿がきや食品に譲渡することで合意したと公表した。同日、譲渡契約を締結し、来年6月30日に実行する。譲渡後、同工場で生産する「ホームラン軒」などのブランド商品は、寿がきや食品に製造委託し、テーブルマークが引き続き販売する。また工場従業員約70人は寿がきや食品に転籍する予定。譲渡額は非公表。  譲渡を決めた理由としてテーブルマークは「即席麺は市場が成熟する中、競合他

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら