フォーカスin:オテル・ドゥ・ミクニオーナーシェフ・三國清三氏 食文化振興の「責任果たす」

外食 インタビュー 2020.09.23 12118号 01面

 新型コロナウイルス国内発生から約7ヵ月。外食業界には依然として、かつて経験したことのない強い逆風が吹く。デリバリーをはじめ、店舗内でもIT活用やロボットによる非接触化など、回復に向けた必死の努力が続く。フランス料理界の長年にわたる第一人者であり、食育など多方面での活躍が光る三國清三オテル・ドゥ・ミクニオーナーシェフ(ソシエテミクニ代表取締役)も独自の活動に精力的だ。開業35周年を迎えたオテル・ドゥ・ミクニやコロナ下での活動、業界の課題について聞いた。(本宮康博)  これまで

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら