農水省、食料システム構築で新戦略 新技術で環境型後押し

総合 ニュース 2020.10.19 12133号 01面

 農林水産省は、食料の安定供給、農林水産業の持続的発展と地球環境の両立を実現させる「みどりの食料システム戦略」(仮称)を策定すると15日に発表した。生産・加工・流通・消費の各段階で、“新たな技術体系の確立とさらなるイノベーションの創造”を促す。  今後、具体策を検討して来年3月に中間とりまとめを行い、40年を達成期とする目標を明記した戦略を5月ごろに決定する予定。個別施策の実行に向けては、22年度の予算要求に本格的に反映する方針。  新戦略にはSDGs・ESG投資といった健康

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら