目指せ半減 フードロス:経産省、IT活用し実証着々 ダイナミックプライシング、スーパーで実験

小売 ニュース 2022.01.19 12349号 01面
同一商品をA・B・Cと区分して期限別に価格設定

同一商品をA・B・Cと区分して期限別に価格設定

 総合スーパーを所管する経済産業省は、イトーヨーカ堂などの協力を得て12日から2月末にかけて、ダイナミックプライシング(変動料金制、以下DP)を活用した売り切り促進による食品ロス削減の実証実験を始めた。対象となる品目は日配品のデザート類、菓子パン、豆腐の計10SKUと小規模ながら、コンビニエンスストアを除く食品売場で新たなITツールを活用してのDP導入実験は初めて。
 スーパーでのDP実証実験は同省の委託事業として、日本総合研究所、イトーヨーカ堂、IT

書籍紹介