日本生協連、SDGs対応で認証商品を拡充 海・森・オーガニック、3テーマで取組み

小売 ニュース 2021.01.27 12177号 01面
SDGs対応商品の共通ロゴマーク(説明付き)

SDGs対応商品の共通ロゴマーク(説明付き)

 日本生活協同組合連合会(日本生協連)は持続可能な開発目標(SDGs)への対応として、2月から環境や社会に配慮した主原料を使ったコープ商品を強化する。「海の資源を守る」「森の資源を守る」「オーガニック」の三つのテーマで取り組み、国際的な認証を受けた商品を拡充していく。共通ロゴ「コープサステナブル」の下部にメッセージを表記して、各生協の店舗や宅配事業の商品案内(カタログ)で目立つようにする。2月までは30品目だが、5月までで40品目にし、2021年度中に100品目以上、最終的に

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら