食の明日に挑む タイで活躍する日本人(24)後藤俊行さん<下> ミャンマー出店目指す

外食 連載 2012.11.12 10750号 01面
「ミャンマー1号店も開設したい」と抱負を語る後藤俊行さん=バンコク・スクンビット地区で小堀晋一が10月14日写す

「ミャンマー1号店も開設したい」と抱負を語る後藤俊行さん=バンコク・スクンビット地区で小堀晋一が10月14日写す

 ◆タイ初の「金沢カレー」ほか日本人向けバーも展開 後藤俊行(ごとう・としゆき)さん  「金沢カレー」タイ1号店を実現させた後藤俊行さんだが、実は飲食業は初めてではない。学生時代は、当時住んでいた金沢市内で若者向けにバーを経営したほか、タイに拠点を移してからはクレープ店を構えるなど商才は豊かだ。現在は、カレー店のほか、日本人向けバー2店をバンコク都内に出店している。  「バンコクで仕事をする人も、そうでない旅行で訪れたような人も、みんなが楽しめて情報共有できるバーを作りたい」

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら