味の素、アジア太平洋に新拠点 飼料用アミノ酸事業10月から開始

 味の素は10月1日から、アジア太平洋地域での飼料用アミノ酸事業の新拠点となる味の素アニマル・ニュートリション・シンガポール(AANS)の販売活動と事業運営を開始する。迅速・効率的な意思決定を行う体制を整え、タイ味の素からタイ以外の同地域での販売機能を譲り受けるもの。味の素の地球規模での事業再編の一環。タイ味の素は従来通り飼料用リジンを生産、タイでの飼料用アミノ酸の販売を続ける。  AANSは、味の素アニマル・ニュートリション・グループ(AANG、野村

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら