商品情報授受、整流化が前進 JIIとインフォマート、PITS標準でデータ連携

 食品界の商品情報授受で整流・効率化が一歩前進する。データメンテナンスが行き届いているシングルインプット(単一入力)による商品情報項目をデータ連携して利用者に届ける仕組みが、商品規格書の業界標準データリスト「PITS標準項目」の授受で整った。メーカーが登録する食品業界の商品情報データベースFDBを運営するジャパン・インフォレックス(JII)と外食チェーン向けを主力とする商品規格書情報クラウドサービス「BtoBプラットフォーム規格書」を運営するインフォマートが15日にパートナー

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら