漬物業界、年末年始値上げ 国産・海外産とも野菜高、コスト増で

農産加工 ニュース 2013.12.02 10932号 01面

 漬物業界では国産、海外産とも原料野菜価格、製造コストの上昇が続いている。国産野菜は、台風など天候要因で野沢菜が不足、白菜、キャベツなどは小玉傾向だが前倒し出荷による春先の不足が懸念される。中国を中心とする海外は原料、完成品とも米ドルに対する人民元高、円安で高騰している。また、中国の工場では廃水、排煙の環境対策にコストがかかり大きな負担になっている。これまで値上げができず売価の据え置きを強いられてきたが「適正な利益がなければ営業ができない」(卸)と、年末から年明けにかけて一斉

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら