中国産塩漬原料、国産と価格差縮小 円安・人件費増で

農産加工 ニュース 2015.01.21 11126号 01面

 キュウリ、ナス、大根、ニンニクなど中国産塩漬原料を使った漬物の売れ行きが総体的に鈍く、日本のメーカー各社は原料在庫を多めに抱えている。円安、現地の人件費をはじめとするコスト上昇から原料が高騰、量目調整による実質値上げをしたこともあり、売りが厳しくなった。今後も、中国産原料は緩やかな上昇が続くと見られている。中国産と国産の価格差が縮小してきたため、特に大根は国産に切り替えたメーカーもある。  量目調整した分、原料の消化が遅れているもよう。特に、ホールも

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら