全国納豆協同組合連合会、“真打”検定試験を東京・京都で9月8日開催

 全国納豆協同組合連合会(納豆連)は、アメリカ大豆輸出協会(USSEC)とともに、納豆に関する知識を深めてもらう「納豆真打」検定試験を9月8日に東京と京都で実施する。今回で3回目となる。  東京会場は筑波大学茗荷谷キャンパスで定員100人、京都会場は京都経済センター(商工会議所会議室)で同50人。両会場とも午前11時~午後0時20分の80分で受験料は4000円。定員になり次第締め切る。  専門的知識を有し、納豆を通じて健康で豊かな社会生活に貢献できる人材の育成、認定を目的とし

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら