タイ産ショウガ、作付け順調 種ショウガ高騰も例年通り8月収穫か

農産加工 ニュース 2020.07.01 12074号 12面
タイ中部のほ場(6月23日)

タイ中部のほ場(6月23日)

20年度のタイ産ショウガ原料は全体的に品質に問題はなく、順調に作付けが行われたようだが、種ショウガは高値だった。 新型コロナウイルス感染症拡大の影響が出るとの懸念もあったが、天候も順調で現状では例年通り8月中旬に収穫できる見通しだという。 新型コロナ対策のため夜間外出禁止令や県境をまたいだ移動が制限付きで緩和された。当初、ショウガの植え付けが厳しいとの懸念もあったが大きな影響はなかった。 5月初旬時点で、北部・中部の産地の作付けはほぼ終了した。19年度比で約30%減となった。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら