キリン・トロピカーナ、「ココナッツの日」制定 ココナッツウォーターを訴求

飲料 キャンペーン 2015.05.13 11179号 07面
北原伸恭社長(左)とMALIA

北原伸恭社長(左)とMALIA

 キリン・トロピカーナは7日、東京都内で「ココナッツの日」制定記者発表会を開催した。これは、4月21日に同社が発売した「トロピカーナ ココナッツウォーター」を広く訴求する目的で、5月7日を「ココナッツの日」として制定した。発表会には、ココナッツ応援一日大使として、モデルのMALIAを招き、トークセッションを行った。

 開催に当たって、北原伸恭社長が「『ココナッツの日』を活用して、お客さまに『ココナッツウォーター』の魅力を伝えていきたい」とあいさつした。

 発表会に出席したMALIAは女医風の白衣姿で登場し、トロピカーナブランドのファンであることを公言するとともに、「ココナッツウォーター」について「大好き」と感想を述べた。また、「暑い日の水分補給にぴったりなので、『ココナッツウォーター』を応援していきたい」と応援大使として意気込みを語った。

 同品は、昨年テスト販売として展開したものを、すっきりとした味わいとカロリー化を実現した新しい「ココナッツウォーター」として販売している。北原社長は「非常に好調に推移しており、増産して対応している」と販売状況について語った。

 今回、ココナツの普及、促進を目的にココ(5)ナツ(7)の語呂合わせから、5月7日を「ココナッツの日」として日本記念日協会に申請した。「ココナッツの日」を制定することで、夏場の最需要でのアピールを強化していく考えだ。

 (久保喜寛)

書籍紹介