サンヨー食品、「サッポロ一番」販促キャンペーン 季節に応じた提案を

藤ヶ谷太輔(右)と玉森裕太

藤ヶ谷太輔(右)と玉森裕太

 サンヨー食品は3月30日から、サッポロ一番「ひとてま荘の春夏秋冬」キャンペーンをスタートした。これは、同社の袋麺の基幹ブランド「サッポロ一番」の販売拡大に向けた活動として行うもの。キャンペーンを広く伝えるため同日、都内で同キャンペーン開始式を開催。CMキャラクターでタレントの藤ヶ谷太輔と玉森裕太を招き、新TVCMの披露やトークセッションなどを行った。

 同キャンペーンの特徴は三つ。「このひと手間がアイラブユー」の継続として、家族や友だち、仲間を思う気持ちを通して「サッポロ一番」の独自のアレンジ性を伝えていく。第二に「春・夏・秋・冬の生活に応じたレシピのおいしさ・楽しさ」では、季節ならではの生活シーンを通しながら、「サッポロ一番」のおいしさや楽しさを訴えていく。第三として「TVCM+充実のデジタルコンテンツ」に取り組む。TVCMに加え、毎月1日にWeb動画「ひとてま荘」を配信するとともに、毎月15日には、「ひとてま荘番外編」としてさまざまな著名人が月替わりで登場するWeb動画を投下する。そのほか、ツイッターなどSNS企画も定期的に実施。レシピ投稿やプレゼントキャンペーンなど、年間通じて、新しい提案を行っていく方針。

 キャンペーンを告知する開始式では、藤ヶ谷と玉森が新CMや「ひとてま荘」についてトークセッションを行った。春のレシピとして提案する「ホクホク新ジャガのみそまぜそば」の試食も行った。藤ヶ谷は「『ひとてま荘』を舞台に誰かを笑顔にできることを一年通じて提案していきたい」とし、玉森は「Web動画も楽しみにしてもらいたい」と、それぞれ意気込みを語った。(久保喜寛)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら