千葉製粉、前3月期は増収増益

小麦加工 決算 2022.06.06 12411号 02面
加瀬晴久社長

加瀬晴久社長

 千葉製粉の22年3月期決算は、売上高176億5300万円(前年比1.4%増)、営業利益5億2800万円(同57.9%増)、経常利益6億8800万円(同48.2%増)、当期純利益4億4700万円(同30.3%増)と、増収増益で着地した。小麦粉・ミックス粉が販売数量が減少するも、飼料用の小麦ふすま価格の上昇ならびに、機能素材部門の化粧品素材原料レオパール製品、中食、CVS向け、大手冷凍メーカーへの商品用品質改良材などが販売を伸ばしたため、増収となった。