進むタイの脱農薬 将来的に製造禁止なども

総合 ニュース 2019.10.23 11959号 04面
脱農薬が進むタイだが、かつては稲作や野菜・果物栽培に多量の農薬が使われてきた=1月、南部ナラティワート県で小堀晋一写す

脱農薬が進むタイだが、かつては稲作や野菜・果物栽培に多量の農薬が使われてきた=1月、南部ナラティワート県で小堀晋一写す

 有機農法や低農薬、無農薬栽培が進む日本や欧米諸国などとは対象的に、非機械化や生産性向上の後れなどからいまだに農薬に依存した生産が少なくない大陸の農産物栽培。東南アジアのタイでも例外ではなく、民間監視団体の調査で実に4割を超える野菜や果物から基準を超える残留農薬が見つかっている。ところが、5年前から継続する事実上の軍主導の政権にあって、パワーバランスから一気に危険農薬の禁止が進むことととなり、ほかにも波及する勢いだ。ひょうたんから駒となったタイの脱農薬事情を伝える。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら