ミャンマー 酒類規制、緩和見通し 焼酎・ウイスキー輸出可能に

酒類 ニュース 2020.06.10 12063号 03面
最大都市ヤンゴンにある酒店。ミャンマー産のそばを使ったそば焼酎もある=トゥンさん提供

最大都市ヤンゴンにある酒店。ミャンマー産のそばを使ったそば焼酎もある=トゥンさん提供

 国軍が厳しく統制してきたミャンマーの酒類輸入規制が大きく緩和されることになった。ミャンマー商務省は1995年に禁輸措置の取られた酒類の輸入について、ビールを除き原則解禁することを明らかにした。経済開発の進む同国では外資の進出が盛んで、外国産の酒類販売を求める声が高まっていた。日本の焼酎やウイスキーも対象で、今後、日本食レストランなどの出店も相まって商談会の開催も盛んになるものとみられる。
 新たに輸入が解禁となるのは、ウイスキーやブランデー、スピリッ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら