サッポロビール、輸入ビール強化で多様化に対応

酒類 ニュース 2019.11.18 11972号 02面
小柳竜太郎部長

小柳竜太郎部長

 サッポロビールが輸入ビール強化に動く。ビールの味わいに対するニーズが多様化していることを受け、日本で主流の淡色ピルスナーとは一線を画すラインアップを拡充し対応したい考えだ。12日にフランス産白ビールの「クローネンブルグ1664ブラン」(以下、ブラン)を発売。今後も商品投入を続け早期に5アイテムほどまで増やす計画だ。  「ブラン」は、北米のビール事業で関係が深いカールスバーグ社のブランド。製造元である世界の有力企業との結びつきを強めることで、酒類のグローバル戦略に役立てたい狙

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら