三井食品、上期はコロナ響き売上げ減少

卸・商社 決算 2020.12.04 12155号 02面

 三井食品の21年3月期第2四半期連結決算は、新型コロナウイルスの感染拡大による業務用の著しい売上げ減少に加え、想定を超える物流費の上昇が大きく影響し減収営業損失となった。
 売上高は前年比4.3%減の4018億円、利益面では3億円の営業赤字。巣ごもり消費の増加によってSMを中心とした小売店での加工食品や冷凍食品、酒類の売上げが好調だったものの、業務用のマイナス影響が上回った。売上総利益率が9.52%(前期は9.2%)に向上し、人件費や運営費といったコ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら