アサヒビール、「ピルスナーウルケル」缶アイテム通年販売 まず首都圏・関信越で

酒類 ニュース 2021.04.09 12212号 02面
ピルスナーウルケル缶を持つブランド担当の有富大輔課長補佐(右)と日本人初“タップスター”佐藤裕介氏

ピルスナーウルケル缶を持つブランド担当の有富大輔課長補佐(右)と日本人初“タップスター”佐藤裕介氏

 アサヒビールが販売する世界的に著名なチェコ産ビール「ピルスナーウルケル」が成長期に入る。6日に首都圏・関信越エリアで缶アイテムの通年販売をスタート。6月には数量限定で全国化する計画だ。18年から業務用で瓶と樽を販売してきた同ブランド。現在、樽については全国170店に拡大しているほか、20年には缶のテスト販売にも着手するなど、導入期を過ぎ浸透期を迎えていた。
 「ピルスナーウルケル」はチェコのピルゼン工場だけで醸造するビール。1842年に誕生し、世界の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら