麦茶・健康茶特集:PETドリンク向け原料供給増加 飲み方提案で年間需要喚起

飲料 特集 2015.05.01 11175号 04面

 14年度の麦茶原料麦の販売実績は、7万6000tと過去最高を記録した。15年度も7万tを超えるのは確実と見込まれ、前例のない動きをみせている。要因としては、麦茶が夏場だけでなく通年飲料化しているのが一つ。また、PETボトル麦茶向けの原料供給が増加しているのでは、との声もある。「ノンカフェイン」「ノンカロリー」「ノンシュガー」の特徴から、子どもからお年寄りまで幅広い層で飲まれている麦茶は、健康志向を背景に「安全・安心」な飲み物として、あらためてその価値が見直されている。(三井

書籍紹介